目的までの男性と女性の考え方の違い


つい先日の出来事です。週末家族でお買い物に行きました。近所のファッションセンターしまむらには良いのが無いので、少し遠出して隣町のしまむらまで今月参列予定の結婚式で履くパンプスとボレロを買いに出掛けたのです。

ボレロは手持ちのワンピースに合うものがあったのですが、靴はデザインは良かったのですがサイズが無くて断念しました。

そこまでは良かったのですが、私が旦那に「ちょっとしまパトしたいなぁ?」と言ったら、「今日の目的は何?」と軽く切れ気味に言われたのです。

別に他に何か欲しかったわけでは無いのですが、たまにしか来れないし、店舗によってしまむらは売ってるものが違うことが多々あるので少し見てみたかった、それだけなのにそれすら許して貰えないのは何故なんだと腹立たしくなり帰りの車の中から不機嫌モードで翌日まで引きづりました。

他の人にしてみれば、たかがそんなことで、と思うかと思いますが、うちの旦那様は事あるごとに出掛けた先で目的を聞いてくるのです。目的があるから出掛けるのは当たり前ですが、家族でお出掛けというのはそれだけで無くても良いと私は思うのです。ここが男と女の考え方の違いで仕方ないかもしれないのですが、男は目的に向かってまっすぐ一直線ですが、女は目的までの途中経過を楽しむ傾向が強いのです。お互いの理解が必要なことですが、世の旦那様、彼氏の方々は女性のそういった性質を少し理解して一緒にお出掛けして頂けたら、私のようにパートナーが急に理由もわからず不機嫌になるということが無くなるかもしれませんよ。
リンクス梅田の予約

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ